根本席亭ブログ 500人の笑顔を支える、ネット碁席亭日記 囲碁の上達方法やイベント情報など、日々の出来事を発信していきます。

2018/02/06

適当力


2月12日(月振休)に市ヶ谷日本棋院で開催する

『全碁協 菊ちゃんまつり』が迫ってきた。



今日の打合せでも、菊ちゃんこと菊池康郎理事長(88歳)

終始笑顔で元気いっぱいだった。




大人が200名を超え、子供は70名を超える。

インストラクター30名、スタッフもいれると

300名超の盛大な「まつり」になりそうだ。



僕は運営総監督という立場で、全体の進行を見守る。

自分で言うのもなんだが、僕は適任だと思う。

(先日当欄で「自画自賛」を練習すると言ったが…)



それは性格が「適当」だから。



色々と準備が進んでいるが、当日は想定外のことが

たくさん起きるだろう。そんなとき頼りになるのが「適当力」だ。



まぁなんとかなるさ、



と、いままで多くの囲碁イベントをこの力で乗り切ってきた。



大枠だけおさえて、あとは出たとこ勝負。

イントネーションが異なる2つの「いい加減」も大切にしている。



今回の「まつり」の目的は、イベントをきちんと運営すること、

ではなく、みんなが
楽しむこと。



当日僕は率先して「適当」になるつもりだ。



*全碁協 菊ちゃんまつり https://zengokyo.jp/archives/3276



何かをきっかけに興味をもって扉をあける。

あけてみたらさらに興味が沸いてくる。



この循環を起こすのは僕の場合「言葉」であることが多い。



ある番組で作庭家の「ねばりのある石」という言葉に出会った。

初めて聞く表現で耳が立った。



ねばりがあるとは、石に重さ、重量感があるということ。

それは石の大きさ、重さではなく、性根、魂が入っていることだという。



どれが「ねばっていて」

どれが「ねばっていない」のか。



実際目にしたとき、感じられるかどうか。




心の奥で、早く庭を、石を見て確かめたいという声が聞こえる。

いつ消えてしまうかわからない小さい声だが、

この声が消えるまえに、ねばりのある石に会えるかどうかが

次のステップに進む鍵となる。


 






さて今週水曜夜に、渋谷で2回目のセミナー『上達の約束』を開催する。



「上達」について、囲碁に限らず、上達したい人、

させたい人と一緒に座談会形式で考える。



自分にとって上達のきっかけは何か。

それが見つかる場にしたい。



セミナー『上達の約束』(11/22渋谷)~本気で上達と向き合う~

https://peraichi.com/landing_pages/view/jotatsu-promise


 

PAGE TOP